業務内容

河川部門

河川の種類には、国土交通大臣が管理する1級河川と、都道府県知事が管理する2級河川、市町村が管理して2級河川同等の扱いをする準用河川、それ以外の普通河川という種類があり工事の目的により築堤工事、護岸工事、河道掘削工事、樋門工事、河道掘削工事などがあります。

築堤工事

人々が住んでいる土地に、洪水を氾濫させないように、川の水を一定の水路の中で流すための堤防を盛土したり、河川の大きさ・地盤沈下に対応した堤防の大型化をする工事。

護岸工事

堤防や河岸が、川の流れによって削られるのを防ぐため、コンクリートブロックや鋼矢板で補強し、自然環境に近づけるため植生などを施す工事。

樋門工事

平常時は、川から取水または川に排水する機能を有し、洪水時にはゲートを閉めて、川の水が逆流するのを防止する水門施設を作る工事。

河道掘削工事

長年にわたり河底に堆積した土砂や、高水敷の土砂を掘削し、河の流量断面確保を目的とする工事。

ページのトップへ

お問い合わせ

TEL:(0126)63-2218

FAX:(0126)64-2068

お問い合わせ・申請書のダウンロードはこちらから